うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【サインバルタ】

私がうつになったきっかけは怪我による入院でした。
腰の骨の骨折したことにより、初めての手術と術後の痛み、また場所が場所だけにベッドから動けずとても辛い入院生活でした。

そんな入院生活で、急に悲しくなったり苦しくなったりと精神面がとても不安定になりました。
その状態が退院してからさらに酷くなり、夜も眠れない日々が続いたんです。

それまでの私はうつとは無縁の人間でした。毎日がとても楽しく、周りからはいつもニコニコしているね、と言われていました。

しかし、怪我をしてからは笑顔を作らなくなり、些細なことで急に怒り出したりと今までの性格が一変したんです。

私の状態を心配した家族が病院へ行くことを勧めてくれました。普通なら病院を勧められたら怒り出す人もいるのかもしれませんが、私自身その状態がとても辛かったので、薬で治るなら治って元の自分に戻りたい!と強く思いました。

とはいっても、私も家族もどこの病院が良いかなんてわかりません。また、他人に教えてもらうにはデリケートすぎて難しいですよね。そこで、ネットの口コミを参考にしながら、優しい先生と評判の病院へ行くことにしました。

評判通り優しい先生で、はじめの頃は2週間ごとに通うことになりました。体もまだまだ辛かったので、2週間ごとの通院は正直とても辛かったのですが、どうしてもうたの状態を治したかったので頑張って通いました。
そうして、慎重な薬合わせののちに抗うつ剤であるサインバルタを飲むことになりました。

サインバルタを飲むことにより、憂鬱な気分を和らげてくれる効果があります。抗うつ剤なのでうつ症状に対して使用されることの多い薬です。
サインバルタを続けて飲むことで抗うつ剤の効果が発揮されらので、服用を始めたらしばらくは続けて飲む方が良い薬です。
1日のうち朝一回だけの服用で良いので手間がかからず飲みやすかったです。

サインバルタを飲んで初めの頃は特に違いを感じませんでしたが、何日も続けて飲んでいるうちにだんだん元気が出てきました。食欲も増えてリハビリにも励むようになり、散歩にも積極的に出かけるようになりました。

そして、2年が経った頃、ついに抗うつ剤からの卒業することができました。とはいっても、抗うつ剤などはいきなり断薬をすると体調が悪くなったり、うつ症状が余計にひどくなったりする場合があるので注意が必要です。私の場合はもいきなり断薬するのではなく、徐々に薬を飲む間隔を開けました。体調が良くなっていくのと比例して、薬を飲むのを忘れてしまう日が自然と増えていったという感じでした。私の主治医の先生曰く、実はこういったやめ方が一番良いのだそうです。今も時折、落ち込むことはありますが、あの時の異常な落ち込み方ではなくなり、元の自分に戻ってきたように思います。


サインバルタ30mg

サインバルタ30mg