うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【サインバルタ・オランザピン】

抗うつ薬を処方された原因としては、日常生活に対してやる気(日常生活全般)が無くなってしまったことや食欲が無くなったことです。

初めはそうなってしまった原因も分からなかったため、病院にいくこともしなかったのですが、同居人に諭されて診察を受けました。結局直接的な原因は分からなかったのですが、その結果軽度うつと診断されました。

その際に処方された薬は、サインバルタは朝に1錠、オランザピンは夜に2錠の2種類で、それぞれ1週間分になります。

処方された薬に関しての詳しい効果や副作用については下記について紹介しておきたいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

[サインバルタ]
効果:感情の高まりを抑えるものであり気持ちを楽にして意欲を高める薬で強い不安感や緊張状態を取り除いて気分を安定させる薬です。
副作用は眠気、口が渇くなどです。 私が処方された際は特に眠気について説明されました。アルコール等の摂取には注意が必要です。

[オランザピン]
効果:気持ちを楽にして意欲を高める薬になります。
他にも糖尿病性神経障害に伴う痛みを和らげる薬としても使用されているようです。
副作用は眠気などがあります。この薬は、アルコール等の摂取には注意が必要です。
通常抗うつ薬は、薬が効き始めるまでにある程度の時間が必要(2週間くらい)なのですが、早めに効くものとして処方されました。

 

飲み始めてからは特に副作用などは、気になりませんでしたが、飲んでみての効果を実感したかというと微妙なところです。

ただし、薬のおかげかは分かりませんが飲む前に無かった食欲は戻った気がします。

他の薬にも言えることではありますが、何よりの処方された薬は、飲み続けることが大切です。特に抗うつ薬の大半は、飲み続けることで効果が表れやすいので効果が出ないということで飲むのを止めてしまうのには注意が必要ということです。

そして、抗うつ薬を飲んで感じたことは、周囲の人サポートも重要だということです。

今の現状を話すことには勇気がいることもあるかもしれませんが、自分のうちだけで抱えているだけではどうにもならないこともあります。

今回強く実感したことは、自分は一人ではないということです。病院だけでなく、友人など周囲の人たちに相談することも頭に入れておいてはいかがでしょうか。

薬を飲んで症状を抑えることも大切ですが、薬に頼ることになるとそれだけ薬が手放せなくなることにもなりかねないので、気を付けておくとよいかと思います。


オランザピン20mg

オランザピン20mg