うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【スルピリド・セルトラリン・レクサプロ・サインバルタ・ミルタザピン】

気分が上がらず、強い不安感・絶望感に苦しみ、それを緩和するために薬物療法(抗うつ薬)を始めました。

私は不安感・絶望感が非常に強かったため、「抗うつ剤」の他に、「抗精神病薬(抗不安薬では取り除けないような不安)」「抗不安薬」についても一時期服用していたことがありました。

初めに処方されたのは、「スルピリド」という薬で、効果・副作用ともにマイルドなものでした。うつ病に対して、初めての薬ということもあって様子見の意味合いが強かったと思われます。しかし、ほとんど効果が感じられずほどなくして別の抗うつ剤に変更されました。

次に処方されたのは、「セルトラリン」という薬で、いわゆるSSRIと呼ばれカテゴリーに属します。こちらも、抗うつ剤としては効果が穏やかな分、安全性が高いといわれているそうです。

こちらは、しばらく飲み続けていたのですが、劇的な回復実感が感じられず、効果が無いとまでは言えないものの、若干の効果の弱さが感じられたため、別の薬を試すことになりました(もっとも、抗うつ剤のような向精神薬は風邪薬のように効果を実感しにくいと感じています)。

3種類目の抗うつ剤は、「レクサプロ」というものでした。この薬は、これまでの「スルピリド」「セルトラリン」と比較して、明らかに効果が強いと感じられました。何となく、強引に気分を上げる(興奮させる)ような感じがしました。この薬を使用しているとき(効いている間)は、不安感・絶望感が確かに小さくなっているのを感じました。

私の場合は、その効果が強すぎて、かえって焦燥感を煽る結果となってしまいました。具体的には、常に何かに追い立てられているような気持が強く現れ、結果として、処方を変更することとなりました。

4種類目の抗うつ剤は、「サインバルタ(SNRI)」と「ミルタザピン(NaSSA)」の併用となりました。2種類の抗うつ薬を用いて、効果を増強させることが狙いです(カリフォルニア・ロケット)。現在はこの処方で治療を続けています(副作用は特に感じていません)。

「サインバルタ」については、別段の副作用もなく、効果が「安定」しているように感じます。

「ミルタザピン」については、効果が感じられたものの、飲み始めは非常に眠気が強くなり、朝、起きられないという点が苦労しました。

現在は「慣れ」のため、眠気の副作用に苦労していることはありません。 このように、様々な抗うつ剤を体験してきましたが、自分の体質に合う抗うつ剤を如何に早く見つけるかが、治療のポイントとなります。


サインバルタ30mg

サインバルタ30mg