うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【アメル】

毎日、疲れがとれない。寝ようと思っても眠ることができない。少し眠れても起きた瞬間から疲れている。家にいるのに「帰りたい」と思ってしまう。起きていても慢性的に疲れているのでやる気がおきない。トイレに行くのもしんどい。そんな状況なので仕事には行けない。「今日休みます」という連絡さえできない。連絡できたとしてもすぐまた次の日がやってくる。よくなる兆しがみえない。

なんでこんなことになっているのかわからない。

家族がみるにみかねて、脳神経外科のある内科を受診した。MRIの検査もした肩こりがくる慢性的な疲労かもしれないとのことでマッサージを受けてみたが改善しない。何回目かの受診の時に「軽いうつやな」を先生が言った。薬を処方するので飲むように、飲み始めは気持ち悪くなるけど必ず1週間は飲み続けることと言われました。処方された薬は「アメル」でした。不安定な精神状態を安定させる薬でした。

先生が言っていた通り、飲み始めてすぐ、気持ち悪くなりました。でも我慢して1週間飲み続けました。1週間後再診しました。先生に薬を飲んだら気持ち悪くなるのでもう飲みたくないと言いました。しかし先生は「あ~だめだめ」と軽いうつ病と診断された私に向かって言う言葉なのかと先生に不信感を覚えました。

でもどうしていいのかわからないのでしばらくその病院に通っていました。他の病院のことを調べる気力もありませんでした。でもその病院に通うことがストレスになってきたので、自分の体の為、なんとかネットで調べて転院しました。

そこは心療内科専門の病院できちんとカウンセリングをしてくれる病院でした。「よくここまで来れましたね」と言っていただきハルラック(睡眠薬)を飲んでも3時間で目が覚めるんです。そのことを前の先生に言ったら「そんなことあるはずない」と言われました。と心療内科の先生に言ったらあなたが寝れないと言っているなら寝れてないんです。とわたしの言葉を否定せず聞いてくれました。

うつは心の病気だと思われていますが、脳の病気なんです。意欲や気分を左右する体内の物質セロトニンとノルアドレナリンに障害がおきてそれを薬でよくしていこうということです。うつ病の薬も多数あり自分にあう薬、あわない薬があるので最初は試行錯誤です。

私は半年から1年たって服用する薬が定着しました。薬は飲みたくないと思っている方も多いと思います。自分の力でなんとかしたい。カウンセリングだけで治療したいと希望する方も多いです。でももうそれでは限界のところにきて心療内科を受診しているのです。安定してくれば減薬して薬を卒業できるので信頼する先生の指示に従って治療していきましょうね。

お薬の購入はこちら

ベストケンコーショップバナー 350 × 240