うつ病・抗うつ薬の体験談を400件以上公開しています

抗うつ薬の体験談【エビリファイ】

私は以前飲んでいた抗うつ剤が合わなかったため、エビリファイ錠1mgを使用し始めました。最初は2週間分処方され、医師の指示に従い1日1回食後に飲む様にしていました。

以下薬の詳細です。

脳内の神経伝達物質であるドパミンなどの受容体に作用し、幻覚・妄想などの症状を抑え、不安定な精神状態を安定させるとともに、やる気がしない、何も興味が持てないといったような状態を改善させます。また、抑えることのできない感情の高まりや行動などの症状を改善します。

服用中は気分も下がることはあまりなく、基本的には気分の明るい状態が続き体も動くようになりました。

しかし、どういう訳か気分がハイになっているといいますか、無理矢理に気分があげられている感じがしました。常にそわそわしてしまい、体力がついていかない日々が続きました。主治医に尋ねてみたところ、副作用との事だったので、0.5mgに減らし服用しました。

この薬の効果としては、抑えられない感情の高まりや行動などの症状も改善されるという情報があっただけに少し残念に感じました。減量をしてからはそわそわすることも減り、気分が上がりすぎることで体力がついていかず疲れてしまうことも減りました。

その分、気分の落ち着き具合などに関しては以前よりも効果が薄れてしまい、副作用が減ったのに比例してうつ病への効き目も下がってしまいました。

また、こちらの薬も臓器に負担がかかるのか「ドンペリドン錠5mg『トーワ』」も一緒に処方されました。そのおかげか吐き気などの症状は少なかったです。

あまり効果が得られず症状の改善が見込めないとお医者様が判断したため使用期間は2ヶ月程度で終わりとなりました。その後は以前から聞いていた通り依存性などはなかったのですが、副作用のみが薬の使用を絶った後も続いてしまい少し辛い思いをしました。

具体的には、倦怠感や吐き気です。薬で無理に気分をあげていた様に感じたと先に述べましたように、常にハイテンションが続いた日から徐々に気分も下がり、その落差がストレスに感じるようになっていったため、ダウンタイムのきつい薬かなという印象でした。

2ヶ月間は薬の量を調節しながら使いましたが、やはり副作用と病状への効果が比例してしまうため、量が多かれ少なかれ体に負担のかかる形となってしまいました。

こちらの薬は、うつ病患者や、統合失調症の患者さんに使用される代表的な薬の1つと聞きましたが、他の薬と同様に副作用と効き目のバランスで諦めてしまわれる方も多いのではないかなと思います。

薬の詳細に関する参考文献
http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=42882

関連記事

エビリファイ(アリピプラゾール)についてエビリファイ(アリピプラゾール)5mg は心の病気を治療するお薬です。日本でも承認・販売されている先発品として、多くの医療機関で処方されています。日本の製薬企業である大塚製薬によっ[…]

エビリファイ(アリピプラゾール)