うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【パキシルCR・サインバルタ・イフェクサーSR・エビリファイ】

5年ほど前にうつ病になり、それから抗うつ薬のお世話になっていました。これまでに飲んだ薬はパキシルCR、サインバルタ、イフェクサーSRです。

最初に飲み始めたときにはそもそも抗うつ薬を飲むということに抵抗がありました。それを飲むということは自分がうつ病であるということであり、それを認めるのが怖かったのだと思います。また家族もできるだけ薬は飲んでほしくないようなことを言っており、それも頭にあったのだと思います。


それでも飲まずにやっているとどんどん苦しくなっていったので、最後には飲むことになりました。飲んだのですが、どれも正直いって大きな効果があったように思えません。人によって相性があるとはいいますが、これまで飲んだどの抗うつ薬も劇的な効き目はまったくなく、休むことによる日にち薬以上の効果は感じられませんでした。

効果がないのに離脱症状はしっかりあるのが抗うつ薬の苦しいところです。一時的に症状が改善して抗うつ薬の量を減らす、あるいは断薬するということがこの5年間の間に何度かありましたが、そのたびに頭の中を電気が流れるような症状(いわゆるシャンピリ)やめまい、不安感と言った症状が毎回現れました。

これは薬の種類によらず、どの薬のときも同じであったように感じています。パキシルCRとイフェクサーSRは離脱症状が起きづらいといわれていますが、残念ながら私にとってはサインバルタと変わりませんでした。

離脱症状は薬を減薬するたびに起き、毎回2週間ほど続きました。その間はそれこそ麻薬の禁断症状のように薬を飲みたいと思うことすらありました。薬を早くやめたいという気持ちと、このまま飲み続けたほうが楽なんじゃないかという気持ちがせめぎ合い、それも辛かったです。

今は抗うつ薬ではなく抗精神病薬のエビリファイを使っています。大病院で脳の血流変化を調べる光トポグラフィー検査を行った結果、血流変化のパターンが統合失調症や双極性障害に近かったため、うつ病でも統合失調症でも双極性障害でも使えるエビリファイに変えたという次第です。

エビリファイはこれまで飲んだどの抗うつ薬よりも明らかな効果を感じられ、気持ちが前向きになりました。光トポグラフィー検査はまだ病気の診断には使えず、かつ私の症状は精神科医から見ると統合失調症や双極性障害ではないということですが、病相のパターンが近いということでこの薬の効果があったのかもしれません。

薬が変わって効果があったとはいえまだまだ回復途上です。また抗うつ薬に戻るのかもしれません。抗うつ薬は意味がないという人も世の中に入るのかもしれませんが、その人にあった薬、あわない薬というのはあるようです。私のようにどの抗うつ薬を試しても効果がない場合は、光トポグラフィー検査のような検査を利用してあう薬を探してみるのもいいかもしれません。


エビリファイジェネリック15mg

エビリファイジェネリック15mg