うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【プロザック】

ハッピードラグの愛称で親しまれている抗うつ剤・プロザックですが、実際には「服用した時はどうなのか?「効果はあるのか?」「副作用は?」
など心配な部分もたくさんあると思います。
プロザックは違法薬物等ではなく、うつ病や不眠症、過食症、パニック障害などに効果のある抗うつ剤で、ちゃんとした医薬品です。

実際に使用した体験をご紹介します。


以前、重大のプロジェクトを任された時に、連日の激務によりストレスや極度の疲れを感じていました。
精神的にもきており、かなりネガティブ思考が強く続いていたため、服用することにしてみました。

服用当初は、初日から頭痛や吐き気がありました。
結構きつく、初日から服用をやめようかと思うレベルでした。

我慢して飲み続けましたが、4日目くらいまではかなりしんどかったです。このまま飲み続けても変わらないのではないか?と疑問に思いました。
5日目くらいから頭痛や吐き気は軽くなりましたが、今度は軽いイラつきが出始めました。

どんどん悪い部分が多くなってきているので本当に心配になりました。

6日目、7日目になると今までの体調が嘘のように軽くなり、仕事のストレスでイライラするような状態もなくなり、気分も落ち着き、服用開始当初にあった頭痛や吐き気もなくなっていました。

後から聞きましたが、5日目くらいに発生したイライラ感が効果が出始める前兆みたいです。

効果が出るまでの一週間ほどは抗うつ効果も感じられませんでしたが、一週間ほど経過するとかなり効果が出ます。
効果が出にくい方もいらっしゃると思いますが、その場合は期間を長く設定したり、量を増やしたりしてみてください。

薬の効果があるからといって、いきなり明るい性格やポジティブ思考になるといったわけではありません。
今まで感じていた、鬱になるようなネガティブ思考がなくなり、気持ちがスッキリして仕事に取り組めるようになる。
こういった変化を感じられるようになります。

また依存性はゼロではありませんが、他の抗うつ剤と比べると比較的に依存性などは低いのではないかと思います。

もちろん注意点もあります。

プロザックを服用する上で気を付けるべき点は「過剰摂取」です。
プロザックを使用するということは、精神状態が一定ではない状態です。
その状態で服用しても効果が出ない!など感情的になってしまい過剰摂取をしてしまうと思わぬ副作用を起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

一日に飲んでいい量は最大4錠となってます。
必ず服用する際には、決められた用量内にするようにしてください。

プロザックの購入を検討されている方は、専門の医療機関または、医薬品専門の通販サイトなどでも売られています。
日本の薬局等では販売していません。

人によって効果は変わると思いますが、精神状態が不安定な状態を解消するにはいい薬だと思います。
精神状態が安定すれば、仕事もベストパフォーマンスが可能になりますし、ストレスも軽減できます。

自身の本来のパフォーマンスをいつでも提供できるように気を付けていきましょう。

 

プロザックの効能とリスクについて


プロザック

プロザック