うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【ルボックス・デパス・リーマス・デパケン】

何もする気になれず、仕事に行くのも完全に億劫になっていました。どんなに頑張っても、朝起きるのは辛く、そして夜は眠れず、悪いことばかり考えてしまっていました。

そこで精神科に行き、診察をしてもらった結果、うつ病と診断されました。

まずはSSRIをということでルボックスを処方されました。始めのうちは効いているんだかわからず、ただ副作用の吐き気だけが出て、食欲も減退し、7kg痩せました。

2週間から3週間くらいすると、少し気分が元気になってきて、少しずつですが動けるようになってきたような気がしました。そんな状態が1ヶ月から2ヶ月程続き、最近は調子よくなってきたなぁと感じていました。

しかし、だんだん心が躍るくらい元気になり、夜中までずっと起きていたり、朝1時間しか寝てなくても活動できるようになりました体は疲れているはずなのに気分は妙にハイになっていました。

その頃、チャットにハマっていたのですが、ほとんど1人で発言していたり、誰彼構わず議論をふっかけたりと周りから見たら明らかにおかしくなっていたみたいです。ある日の診察で、主治医から調子はどうかと聞かれると、わたしは「世界が輝いて見えます!」と答えたらしいです。

ここで主治医が、私の様子がなんだかおかしいということに気がついたようです。(自分では単純に治ったと思っていました)。何回か主治医に質問され、前回とは診断名が変わりました。双極性障害Ⅰ型という診断がでて、ルボックスは抜かれてしまいました。代わりにリーマスという躁鬱の薬を処方されました。

ハイだった私がだんだんとハイではなくなってきて、また少し重だるい日々に戻ってしまいました(と私は感じていました)。ルボックスは気分も上げてくれるし、痩せられるし、とても良い薬なのにと嘆く日が続いてしまいました。周りから見たら、ようやく落ち着いたとのことでしたが。

あとで知ったのですが、双極性障害の人には抗うつ剤は禁忌で、特にSSRIは躁転を引き起こしてしまうから良くないということを知りました。私がまたうつ状態になっても、もうルボックスは処方してもらえなくなりました。

ただ、リーマスは副作用も強く、手が震えたり口がすごく渇いて水ばかり飲んでいたため、今ではまた処方が変わって、デパケンRが主の薬になりました。

もう怖いのであんなにハイにはなりたくありませんが、今でも少しだけ、ルボックスを飲んでいた頃の自分を懐かしく思うことはあります。


ルボックスジェネリック50mg(10錠)

ルボックスジェネリック50mg(10錠)