うつ病・抗うつ薬の体験談を370件ほど公開しています

【最新版】イクセル(トレドミン)の評判(効果・副作用)

イクセル(トレドミン)について

有効成分はミルナシプランです。

イクセル (トレドミン)は、憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。多くのうつ病の治療のために処方されています。

服用することでこじれた心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けてくれます。また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にしてくれます。

うつ病のほか、不安障害などいろいろな心の不具合にも応用されています。

引用元:https://mttag.com/s/9xyii3GQhyo

イクセル50mg (トレドミン)

イクセル(トレドミン)の効果

口コミ

Aさん 【口コミ元】
徐々に動ける日が増えてきました。

ゲームが面白くなったり、動画サイトをみて笑うこともできるようになりました。溜めがちになっていた家事も少しずつですがこなせるようになり、やっと軽快してきたのを実感しました。


Bさん 【口コミ元】

トレドミンを飲んだらほんの3日で元気を取り戻し、私は再就職をすることもできました。


Dさん 【口コミ元】

次第に薬が効いてきてやる気や集中力が高くなってきたようです。

今までは先生に何に聞いたらいいのか、何を伝えたらいいのかわからないくらいでしたが、だんだんと、話すことをまとめて行かなくても医師に今の状況を話せるようになった自分がいて、びっくりしたことを覚えています。

イクセル(トレドミン)の副作用

口コミ

Cさん 【口コミ元】

服用してから1週間経たないうちに、酷い吐き気や目眩に悩まされるようになりました。

会社でのストレスが酷くなっているせいだと思っていましたが、後から思えば薬の副作用だったのかもしれません。


Bさん 【口コミ元】
トレドミンの難点は、ごく少ない量でも強く作用してしまうこと、長期連用すると効果が薄れてくること、そして躁転化の可能性が上がることです。

それでも私はトレドミンを有難く思います。


Dさん 【口コミ元】
初めにもらってから2週間ほどは頭が痛くなったり、眠気がしたり様々な副作用が現れましたが、2週間を過ぎたくらいから副作用は治まってきました。

イクセル(トレドミン)の離脱症状

口コミ

Aさん 【口コミ元】
断薬して数日は、比較的調子が良い日が続きました。「なんだ、薬なんいらないじゃん」と思っていた矢先、当初のような倦怠感・情緒不安定がまたもや出てきたのです。

完全に振り出しに戻ったような感覚です。改めて受診し、薬を処方してもらい、回復するまでまた半年近くかかりました。


Dさん 【口コミ元】
ちょっと忙しくてなかなか病院へ行けず、ちょっとの間抗うつ剤が飲めなかった時期がありました。それまでは抗うつ剤の効果をあまり実感できていなかったのですが、飲めなかった時期になんだか周りの人から笑われているような錯覚に陥ったり、自分を責めたりする行動が強くなったことがあたので、それ以来なるべく薬を切らさないように定期的に服用することを心掛けています。

イクセル(トレドミン)の入手方法

イクセル(トレドミン)は日本の病院でも処方されます。

日本では、トレドミン錠50mgを病院から処方してもらうことができます。
日本の病院から、トレドミン錠50mgを56錠処方してもらうのにかかるコストは、

病院の診察料や処方料:3,500~4,500円
トレドミン錠50mgの価格:1錠42.9円×56錠=約2,410円
合計約5,910~6,910円もかかります。

保険が適用されて3割負担になっても約1,780~2,080円かかります。

引用元:https://mttag.com/s/9xyii3GQhyo

またイクセル(トレドミン)の購入を検討されている方は、医薬品専門の通販サイトでも購入可能です。
病院で処方されるよりもコストが安く、自宅でも受け取れるというメリットがあります。

【おススメ医薬品専門通販サイト:ベストケンコー

ベストケンコー 468 × 60

 

【また以下のページではイクセル(トレドミン)の詳細や購入ができます】

イクセル50mg (トレドミン)