うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

うつ病の体験談【知らず知らずのうちに…】

まず、体に変化があったのが1月末からでした。ストレス性の胃腸炎になり数日仕事を早退したり、お休みをしました。

病院から処方された薬で治りましたが、その後もストレス性の胃腸炎になりました。

それもまた治ったのですが、食欲がなく1日1食や、その1食がかなり少量でした。母親にも心配され、私も不安になってきた頃、次は睡眠障害が出てきました。

寝付きは悪くないのですが、何度も目が覚めてしまい、寝た気にならずに疲れが取れない…早く目が覚めても目が冴えて寝れない、夢見が悪いなどです。

元々私は食欲も旺盛で、いい年してお弁当を食べた後にクレープやアイスを食べるような日々でした。睡眠も一分一秒でも寝ていたいし、寝たら地震が来ても気づかないようなタイプでした。

いよいよ体が不安になり上司に相談しましたが、思っていたより参っていたのかボロボロ泣いてしまいました。それからもっと上の人とも話す際にも涙が止まらず…親へ状況を説明する際も…

上司から有給を使って仕事を忘れてしっかり休みなさいと言ってもらい、次の日は心療内科へ足を運びました。診断結果は鬱病、診断書も渡され、強制的に仕事を休むことに。

処方薬を飲み続けて少し改善した頃、お腹が空いて自分からご飯を食べたくなりました。すぐ寝付けるようになり、夢見が悪いことも減りました。

思えば、以前見ていた夢は仕事に追われているばかりでした。仕事から離れている環境が良かったのかもしれません。私は仕事は好きですし、やりがいも感じてましたが、知らず知らずのうちに自分の首を締めていたのかな…と気づきました。

幸い私は症状が軽かったため、休養期間が終われば仕事に戻るつもりです。ただ感情や日常生活のコントロールがうまく効かないことが、どれだけ辛いか…そして、それが負の連鎖でどんどん落ちていきます。

症状が重い方や長く治療されてる方のことを思うと本当にしんどいだろうな、と感じます。

私もそうですが、知らず知らずのうちに…ということが多いと思います。皆さんへ、自分のことを大切にしてあげてほしい…自分だけは自分の味方でいてあげてほしいと思います。