うつ病・抗うつ薬の体験談を400件以上公開しています

抗うつ薬の体験談【スルピリド錠】

現在スルピリド錠を服用中です。
きっかけは今年の1月。昨年12月から関東圏の企業に就職し、研修を受けている最中でした。

主要駅から数時間、さらにそこから30分電車で揺られながら辿り着く様な、交通の便がお世辞にも便利とは言えない田舎でゆったりとした町でした。そこで一人暮らしをしながら、冬の寒さにも負けず風邪やウイルスにも負けないよう体調管理には十分注意していました。

同僚や上司にも恵まれ、日常業務に忙しくしている中、適度な息抜きとしてツーリングをしたり読書をしていました。

しかしある日の朝、首から下の倦怠感を感じ大事をとって仕事を休み、病院に受診することにしました。当時、周囲では風邪やインフルエンザが流行していたこともあり、その可能性も疑いましたが、診断の結果特に異状なしでした。

2日後、セカンドオピニオンとして、心療内科を受診しました。
胃痛・倦怠感・不眠・食欲不振の傾向が気になると相談したところ、「うつ状態」と診断されました。カウンセリングを受けると、気付かないうちにストレスが積り、心が疲労してしまったのだと自分でも感じました。

隣人の騒音・実家との関係・会社での人間関係を中心に、悩むことがあったのだと改めて気づきました。

翌日から、1か月休職しながら「スルピリド錠」を服用しました。その後は退職・実家に帰省し、療養に専念することに決めました。関東で受診した心療内科に引き続き、地元の診療クリニックでも「スルピリド錠」を処方してもらい、服用しています。

スルピリド錠を服用してから1か月を超えた辺りから、朝の血流はゆっくりですが起きることができています。不眠症状が強く夜型になっていた脳を鎮め、連続しての睡眠時間が長くなりました。

胃の働きが良くなったことにより、食欲不振が改善されました。過度な切迫した緊張や不安もだいぶ少なくなりました。趣味の読書も落ち着いて本を読めるようになりました。イライラや悲しみしかなかった感情が、笑ったり泣くことができるようになり自分自身も感情豊かになり心が軽やかになりました。

0.5錠を1日一回しか服用していませんが、服用し始めて約3か月が経過した今はとても助かっています。服用開始に医師から言われた「(薬とは)長い付き合いになります。途中で中止せず、ゆっくり体と相談して減らしていきましょうね」という言葉を胸に、これからも気長に服用していこうと思います。

すぐには無理かもしれませんが、アルバイトとして就職して長くゆったりと働ける職場に就けたらと考えています。

ドグマチール200mg(スルピリド)

ドグマチール200mg(スルピリド)