うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【パキシル・サインバルタ】

現在付き合って5年同棲している彼氏の話です。

付き合う前から精神状態はあまり良くない事を承知で付き合い始め、何度か病院に行った方が良いと説得し、自身で見つけたクリニックで色々処方してもらっていました。

もう5年も前なので何を処方してもらっていたのかは覚えていませんが、服用後によくわからない文字を羅列しただけの謎のメッセージを送ってきました。精神薬はこんなに人を簡単に壊す事が出来るんだと当時は恐怖していたものです。

同棲することになり、謎のメッセージが届く事もなくなりました。

そうして処方されたのが抗うつ薬はパキシルサインバルタ、他はほとんどが睡眠薬でした。どんどんと薬の量は増え、パキシルの影響で体重もどんどん増えていました。

彼にとってショックだったのは、男性としての機能障害だそうです。

また以前は薬を飲むと立つことも出来なかったのに、今では少しふらつきつつもそこまで問題ないように見えます。抗うつ薬より睡眠薬の方が強すぎるんじゃないかと思っていました。

薬を勝手に断薬した時は、強い倦怠感や手足の震えがありました。また普段薬で抑えているからなのか、温厚なのに興奮してオーバーリアクションや大きな声で話したりするので、服用していない事がすぐにわかりました。今では主治医のもとで少しずつ減薬して様子を見ています。

この5年間紆余曲折ありましたが、今では痛み止めにサインバルタを使うような時代ですので、徐々に抗精神薬に対する偏見も少なくなれば良いなと思います。

私の家族が良い印象を持っておらず、睡眠薬にも否定的な考えです。ですが薬がないと本人にしか解らない苦しい症状ばかりです。

どんな事にも言えますが意見の押し付けは何でも悪化させる要因になると思います。

支える側としてはもちろん本人も薬を飲まない生活が理想です。しかし一生添い遂げないといけない病気なんだと彼氏は思っています。


サインバルタ30mg

サインバルタ30mg