うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【プロザック】

友人がかつてうつ症状とかうつ病で苦しんでいた時にプロザックを服用していたことがありましたが、薬を服用していた時は正常な感じで日常を過ごしつつ、仕事とかをこなしておりましたが、薬の効果が切れてくると、うつ症状とかが出はじめ、それと闘っていたことを良く覚えております。当時の話を友人から聞いたりするとプロザックの効果とか副作用のことについて、話をしてくれますが、プロザックの効き目については即効性はないが、服用をし続けていけば、効果がじわじわと出てきて、うつ症状とか不眠の症状及び、精神的な落ち着きとかリラックス効果などをもたらしてくれるとのことであります。


特にプロザックの副作用のこととかは細かく話をしてくれますが、胃腸の不調とか頭痛・吐き気・腹痛などの症状が出ることがあったりして、それとも闘っていたという話も聞いております。抗うつ薬のSSRIとなっているため、セロトニンを多く増やす効果もあるので、いきなりセロトニンが増えたりするため、身体に色々と負荷がかかることがあったり変化に身体が追いつかず、体調不良を起こすこともあったりすると話を聞いています。

今思うと、友人がうつ病とかと闘っていた時はしんどそうであり、プロザックを服用しながら日常生活を過ごしていて、仕事は休みたくないといって無理して出ていたこともありましたが、その裏ではほんとに辛い苦しい経験をしていたのは確かであります。抗うつ薬のSSRIにも副作用というものはつきものとなっているため、多くの人たちに知ってほしいし、即効性の効果がないものとかもあり、じわじわと効いてくる薬もあるということを知ってほしいです。

友人が話していたことでありますが、肝臓や腎臓に問題を抱えている人とかはプロザックは服用しないほうが良いといっていて、薬は腎臓とか肝臓にも多少負担をかけてしまうことがあるため、それがキッカケで悪い作用を起こしてしまうことがある可能性が高くなるから、控えたほうがいいといっています。友人も副作用とかのせいで胃腸に不調を感じたり、吐き気とか頭痛とも闘ってきた経験をしているので言っていることは事実であります。

ハッキリとした効果があらわれまで時間と日数が必要となるため、服用は定期的にしつつ、決められている容量を守りながら飲んでいき、自主的にもうつ症状とかを抑える対策をとったり、気分転換とかをしつつ、日常生活を過ごしていくようにしてくれと言っています。

 

プロザックの効能とリスクについて


プロザック

プロザック