うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【リフレックス・トリプタノール・サインバルタ・トレドミン・パキシル・ソラナックス】

わたしは、下の子を出産して1年半ほど経った頃の3年ほど前に、「寝ても疲れが取れない、毎日のように下痢が続いている」ということを主訴にかかりつけの内科医を受診しました。

「身体の痛み」もあることも伝えました。

過敏性腸症候群ということを言われ処方薬としてポリフル錠ミヤBMの他に、抗不安薬としソラナックスホリゾンを処方されました。

抗不安薬は筋肉の緊張を和らげたり、気持ちを楽にしたりする効果があると先生も薬剤師さんも説明してくださいました。

ソラナックスは説明されたとおり、即効性あるようで、朝服用してから出勤すると気持ちが落ち着きました。

心も身体も楽に感じることができ、バタバタした朝の自分が仕事にきちんと向き合えていると実感できました。この薬があれば大丈夫だと思ってしまうくらいでした。

そもそも、なぜ私自身が受診した理由は、何かを食べると、朝と昼は毎日のように数十分後にはトイレに駆け込むようになった日々が半年ほど続くようになったからです。

食べるとまたあれが襲ってくると考えるようになり正直ものすごくストレスに感じていました。

お腹のくだりのほうはある程度以前に比べて改善しましたが、今でもまだ症状はあります。

でも、私自身が本当は精神的なストレスが関係しているのではないかと自覚がありました。

上の子のときも産休・育休を取得して職場復帰しました。もちろん、仕事・育児・家事が両立できるかと不安はありました。

会社側の事情や仕事復帰のタイミングなど様々な事情が重なり、上の子のときは産後5ヵ月で仕事復帰しました。

託児所を経て保育所に2歳半から入所が決まり、毎朝のお弁当詰めから始まり仕事に駆け込む日々が3年ほど続きました。

それでも仕事での充実感もありましたし何とかやりきってきたのだから、次もできると自分を過信していたのだと今なら分かります。

下の子を妊娠・出産し、上の子のときと同様に産休・育休を取得しました。

下の子のときは1年ほど休もうと考えていましたが、またまた様々な理由があり、託児所に預け7ヶ月で仕事に復帰しました。

それから2年ほど経った頃から「しんどい」と自覚し始めました。そのうち、眼精疲労や目眩、頭痛に悩まされるようになりました。

でも、職場での人間関係だって悪くない、相談できる先輩や同僚だっているとだましだましに毎日を過ごしていました。

自分は大丈夫だと思っていました。

でも、「段々しんどくなってきた」と毎日のように思わずにはいられなくなってきたある日、激しい目眩と頭痛に襲われて仕事中にしゃがみ込みました。

すぐに病院で、頭部のMRI検査を受けました。明らかな所見はなかったものの虚血性脳血管障害の疑いがると医師から言われました。

そのときに、「しんどい」と感じていたことが「もう限界だと」自分では本当は気づいていたことを受け入れました。

廻りの人たちはできているんだから、わたしだってできるはずと意地を張り「しんどい」ことに気づいていたのに、自分自身が認めたくなかっただけだったのです。

数ヶ月後に退職しました。
退職後、心療内科を予約し受診しました。

診断は「鬱病」でした。受診を続けていくうちに、先生との相談のもとに症状に合わせてお薬を変えたりしました。

どのお薬でも服用し始めは、眠気はつきものだと思います。

わたしが処方されたお薬の中で、「トリプタノール」は吐き気の副作用が強かったこと、「パキシル」は何だか必要以上に活発になる感覚があったので先生にその旨お伝えしました。

今は「サインバルタ」と「トレドミン」をメインとし、通院時の精神状態のカウンセリングの状況をみて「リフレックス」を処方されることもあります。

最後に、大丈夫ではなくなっていた自分の心に嘘をついてきたことに気づけて良かったと思っています。

そして、自分と向き合い治療できている今、無理をしないで生きていけるようになってきました。わたしはわたしなのだと思えるようになりました。


サインバルタ30mg

サインバルタ30mg