うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

うつ病の体験談【まさか自分がうつ病に!?】

私にとってうつ病とは、新聞やテレビで見るものの、どこか遠くの出来事でした。私がそれにかかるまでは、ですが。

人事異動で上司が変わったのが、最大にして唯一の原因でした。高卒の上司は学歴のある人間を目の敵にし、嫌がらせも常態化させている人物だったようです。

そしてその異動で運悪く上司の目の前にいたのが私でした。初めのうちは「指導の言葉遣いが妙につっけんどんだな」と感じる程度でした。

しかし異動から2か月経ったあたりから、些細なことでの八つ当たり、理不尽でスケジュール上不可能な業務要求、罵声と威圧、「役立たねえ人間だなあ」などの暴言が、雨あられと降ってきました。

上司より上の人や人事部に掛け合ったものの反応は芳しくなく、むしろ私が人事部に接近したことを察知して、「俺のことチクんのか、コラ」など暴言は勢いと頻度を増しました。

私はもともと働くのが大好きな性質(たち)だったのですが、その頃から急速に働く意欲が失せていきました。朝起きるのが億劫になり、起きようとしても身体が起き上がらないこともありました。

日中は何をするにしても無関心・無気力になり、ミスをしないよう気を張るだけで精一杯でした。さらに退社後も趣味の読書やアニメ鑑賞、ウォーキングやサイクリングが楽しめなくなり、夜は眠れなくなりました。

さすがに昼の仕事に支障が出てきたので、会社の産業医の先生と健康管理センターの保健師さんを通じて紹介状をいただき、専門のクリニックに駆け込みました。

即日、うつ病による不眠状態との診断が下りました。頭の中が一瞬で真っ白になりました。

初めは投薬による睡眠障害の低減から始まり、不安感情の抑制、適度な運動による生活習慣の整頓も行いました。離れたところに住んでいたものの、家族もこの事態を聞きつけてこまめに連絡をくれたり、弁護士の先生に連絡を取ってくれたりと、陰に日向に支えてくれました。

おかげでクリニックの先生曰く、かなり早い段階で薬の量を減らすことができ、確実に快方に向かっているといわれました。

残る問題は厳重注意だけで相変わらず現職にとどまっている上司や、まるで聞く耳を持たず対処もしなかった人事部の労務関係者との補償交渉です。先方はことを穏便に、その実闇から闇へ葬りたいようですが(公になれば株価にも響きますし)、家族や弁護士の先生とタッグを組んで、徹底的に責任の明確化と賠償の要求を行うつもりでいます。