うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

うつ病の体験談【夫の不倫からうつ病になった話】

実際にうつ病を体験された方の体験談を載せています。

私がまさかうつ病になるなんて思いもしませんでした。常に元気で毎日楽しく過ごしていましたし、特にストレスをため込むという事もなかったので、うつとは無関係の生活でした。

 

しかしある時夫の不倫が発覚してしまって、そこから私のうつ病は発症してしまいました。

最初はいきなりうつになったというわけではなく、とにかく怒りの感情や悲しみの感情が出てきて、それを夫にぶつける所から始まりました。
その時は日常的な家事や育児(子供は幼稚園)はできていましたし、気持ち的に荒れてはいましたがやらなければならないことは、一応やれていました。
しかしそこから夜眠れなくなるという状況に陥りました。

 

睡眠はすべての行動を狂わせてしまったり、感情のコントロールも出来なくなりますし、本当にだめです。
今まで夜眠れなくなったことが無かったですし、布団に入ればすぐに眠れていたので眠れないという人の気持ちは全く分かりませんでした。
しかし本当に何をどうしても眠れず、思い出すのは夫の不倫の事ばかりです。

 

確実にそれが精神的にやむ原因になっているというのはわかっていますし、今までは3人同じ部屋で寝ていましたが腹が立ってしょうがないので夫にはほかの部屋で寝てもらう事にしました。子供が小さいですし、不倫の話は子供が起きている時にはタブーにしていましたし、できるだけ感情を出さないように気を付けてはいましたが、
子供が寝た後は無視する状態ですし、子供が起きている時に夫を無視するわけにもいかず感情のコントロールがだんだんできなくなってきました。

 

それに加えて連日夜眠れず、昼間少し横になったりはしていましたが寝不足が続き、自律神経も乱れてきてしまったようです。
不眠症で、なおかつ朝起きてもやる気が起きず、ごはんを作るのが本当にしんどくなってしまいました。
子供が寝てから夫に相談し、もう家事がちゃんとにできないし、幼稚園の送りに行くのもしんどくなったと正直に言いました。

 

夫は自分に責任があるというのを認めてくれていましたし、もう相手の人とは合わない事を約束したうえでそれでも常に謝るスタンスでしたのでだいぶん気持ち的には私は収まってはいても、眠れないしやる気が起きないし、自分ひとりならいいのですが子供がいて困りました。涙も意味が分からず出てくる状況です。

 

そこで意を決して心療内科を受診しました。
まず睡眠剤を処方してもらい、安定剤も弱めの物を処方してもらいました。最初は効きすぎて朝起きるのがつらかったですが、夜の眠りが良くて、しっかり眠れるようになったせいか、昼間も少し落ち着いてきました。

 

3カ月ぐらいすると、私の場合は大分落ち着いてきて、普段の生活が出来るようになってきました。多分長い人は何年もかかるのでしょうが、心理的なストレスが一時的にあってそこからのうつだったせいか、治るのも早かったのかもしれません。