うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

うつ病の体験談【真夜中の鬼電話】

娘が産まれる少し前に、私の母が「うつ病」と診断されました。

ニュースやインターネットでよく見かける病名でしたが、詳しいことは何も知らず… 少し軽く考えていました。病院で診てもらって、薬を飲めばよくなると。

しかし現実は違い、診断されて10年経ちますが、良くなったり悪くなったりの繰り返しです。

それでも…それでも少しずつ良くなっています。 大丈夫。少しずつで良いよって今の私は思っています。

私の実家は、高速道路を使って1時間半ぐらいのところにあります。 母がうつ病になったとき、私は2歳の息子の育児奮闘中のうえ、娘を妊娠中でした。

そしてまだガラケーだったのでネット環境にも乏しく、なかなか母の症状を理解することができませんでした。

遠方に住んでいる姉たちにも相談したり、父にも話して、家族が一丸とならなきゃ!と必死でした。

父は、根っからの亭主関白親父でした。 仕事人間で、帰りがとても遅く、いつも夕飯を待っていた記憶があります。

母が実家に帰るのは1年に1度だけ。母が兄弟と長電話をしていれば不機嫌になり… そのうえ転勤族だったので、母は友達もできず、父が転職してからは田舎での姑と同居。

母は自分のお母さんの死に目にもあわせてもらえなかった…と、今まで母の口から父の悪口を聞いたことがなかったのに、初めて聞きました。

ずっと孤独の中で私たち3姉妹を育ててきてくれたのか…と、改めて母の偉大さを感じました。 そんな母がうつ病になった理由はなんとなく分かったような気がしました。

私の母は、ひとりで頑張りすぎました。 私自身、母親になったばかりでドタバタとしていたので、気にかけてあげることができませんでした。

もっと早く話を聞いてあげれば良かったと、とても後悔しています。 母は仕事を辞めて、家で寝たきりになってしまいました。 とても辛そうで、自分を責めてばかりで…

その頃、毎日のように私に電話がかかってきていました。
しかもなぜかいつも夜中で。「死にたい。さよならだね。」って泣きながら。

何を言っても聞いてもらえず、私も若干ノイローゼ気味でした。どうしたらいいのか、何をしてあげられるのか…

例の亭主関白な父に協力を求めることにしました。 電話をすると案の定「ぐうたらしてる。寝てばかり。家事もしない。」と怒っていました。

母が死にたいと思っていること。父も一緒に病院に行ってほしいこと。 それだけを伝え、やってくれるか不安だったのですが、父が変わりました。

すぐに仕事を休んで病院に付き添い、何ができるか主治医から話を聞き… 今では料理も洗濯も掃除機もできるようになりました。

母も3年前に新しい仕事に就いて、夫婦で上手に生活しているようです。 むしろ新婚のようにラブラブです(笑)

母はすごく辛かったと思いますが、そのおかげで父が変わりました。