うつ病・抗うつ薬の体験談を370件ほど公開しています

うつ病の体験談【私の鬱病体験談】

私は何十年も前に鬱病を患いました。朝突然起きれなくなったのです。自分の身体の違和感、頻繁におきる回転性眩暈で病院に行き鬱病と診断されました。

暫く仕事を休む事を勧められ休職する事になりました。それから完治するまでの一進一退は辛かったです。

薬の副作用で、吐き気が出るようになりました。我慢するように言われていたので慣れるまでひたすら我慢でした。そして常に眠気がありました。特に昼間は眠気が強く身体も怠い為寝てばかりです。

しかし不思議に夜に近づくにつれて眠気は無くなり頭のぼーっとした感覚が無くなりました。完全に昼、夜が逆転した生活になりました。

一応朝起きるのですがどうしても起きていられなく、寝起きの回転性眩暈も朝の方が頻繁に起きました。それでも、朝日を浴びるのは鬱病に良いと目にしたのでその後寝てしまうにけど起きる事を続けました。

病院へは週に一度行っていましたがたいして話をする訳では無く薬を貰うだけでした。薬の副作用が無くなり少しそこだけは楽になりましたが、凄く気持ちが晴れている時と、モヤモヤしている時を繰り返しヒステリックになってしまう時もありました。

不思議に好きな事をしている時は心が穏やかでした。側から見たら好きな事したいだけに見えたかも知れません。そこを咎められると攻撃的になってしまいました。

いつ治るかわからない焦りもあり辛くやり場のない気持ちもありました。家族には頼れない環境でしたのでとにかく自分が頑張らなくてはと必死でした。

鬱は頑張ってはダメと言われていたのに、治す事を頑張ってしまう矛盾になっていました。
私は昔から漫画を読む事が大好きでしたので、漫画をたくさん読み、とにかく穏やかに過ごせる時間を作りました。

飼っていた愛犬も私が心配だったのかいつに無く私の部屋にいる時間が長かったです。きっと家族より愛犬の方が私を心配していたかもしれません。

はっきりと鬱病になった原因はわかりませんが、私の場合は家庭環境と仕事など色々合わさっての結果だと思っています。

そんな生活を続けているうちに休業保証も無くなり、結果的に退職をしました。退職してからも相変わらずの昼夜逆転生活。ひどい時は昼間も全然眠く無く夜も眠れず徹夜。かと思えばある日はずっと眠く寝てばかり。

それでもずっと続けて居たのは好きな事を思い切りすること、朝日を浴びること。こんな状態を何年か続けて居ましたが、ある日ふと無かった食欲が出て来ました。

鬱病になってからは食欲はあまりなかったのですが、自分の食べれる範囲で食べていました。そこから、自分で作りたいものを作る気持ちも出てきました。

本当に突然でした。意欲が湧いて来たのです。突然色々しても良くないなとそこからはリハビリみたいに少しずつやる事を増やして行きました。

通っていた病院にも一応報告したら、薬も減って行きました。数ヶ月かけて断薬をしていきました。

完治した今も再発に怯える気持ちもありますし、パートナーと喧嘩になりますとおかしく無いかな?と不安になる事もありますが、今のところは元気です。以上が私の体験談になります。