うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

うつ病の体験談【私も入眠障害を患っていてその時母の薬を貰った結果】

母は病院から鬱という診断をされていました。どうも女性にはよく更年期障害からくる鬱らしく、もともと性格は色々問題はあったものの、それがかなり酷い状態となりました。結果的に私も耐えかねて家を飛び出したのですが、ただ服用されている薬にはかなり驚いた記憶があります。


もともと三交替制の仕事をやっていた私は、現在も入眠障害を患っています。特にゾジアゼピン系の薬は常用性が強く、現在もかなり苦しんでおりある意味悩みの種であります。三交替の仕事をしていた時に、薬を切らしてしまった事がありました。三交替制の辛い所は、寝る時間が一週間ごとにころころ変わり、人間の体内時計はもうぐちゃぐちゃになります。特に夜勤明けは寝るのに必死になります。夜中だと五月蠅くしていれば迷惑と抗議できますが、昼間はそうはいかないのです。また人間の体は朝になると目覚めるようで覚醒し始めます。夜勤時に薬を切らしてしまって、母も実はこうした入眠の薬を処方されていました。

とりあえず貰う事にして飲んでみた所、私が貰っている薬も多少ふらついたり、めまいがしたりという事はよくある事なのですが、母の貰っているこの薬は歩くのさえ困難な状態になりました。母は朝すぐ横になってしまいます。朝の勤務は6時50分出社なので5時半には起きないとなりませんでした。

ところがそんな事でさえ、母は身勝手に5時ごろ掃除機をかけ始めます。これは早く横になりたい。夜眠れないなどの理由からでしょうが、私のように働いている人間からすればいい迷惑でした。そういう現状に最後は家を出た訳ですが、この時に薬を飲んである程度どういう状況になるのかは理解出来たように思います。

鬱という症状を薬で眠らせる事で症状を緩和?しているように見せているように見えました。とても普段の生活をする例えば働くなんてことはとてもできません。階段を上がる時はふらついてしまいます。夜勤なので夜までには薬の効力はなんとか切れましたが、このままでは出社が危ないと思いました。自動車で出社しますので、運転にかなり恐怖感を覚えるようになります。特に眠れないというのは病気とは思いたくありませんでしたし、これで休むという事はできません。

このような薬を毎日服用している母は、かなり重篤な鬱である事をその時に理解しました。たまに支離滅裂な理屈を言い出すのはこの所為なのか?とか色々考えました。なかなか家族でも難しい治療が鬱なのかもしれません