うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【デプロメール】

人間関係のストレスにより、うつ病に罹患し、デプロメールが処方されました。精神をコントロールする(デプロメールの場合は、精神を持ち上げる作用)お薬ですので、少々不安もありました。

ネットや書籍などの情報を見ると、多かれ少なかれ、抗うつ剤には副作用がある、薬離れが難しい、と書かれていたからです。しかしそこは医師より処方されたお薬ですので、飲み始めました。


初めの1週間程度は何も変化が起きず、効いているのかいないのか、さっぱり分かりませんでした。その後しばらくすると、多少ですが夜も眠ることができるようになり、逆に寝すぎるくらいの状態になってきました。それまでは中途覚醒だったり、そもそも寝付けなかったりしていたため、この効果はありがたかったです。ここからこのお薬との付き合いが1年続きました。

医師に聞いたり調べたりしていると、このデプロメールというお薬は、比較的弱い薬で副作用も出にくいという話も聞かされました。うつの症状が出てから、早めに受診したのが良かったのだと思います。

1か月も過ぎた頃には、薬の量が増量されました。これは最初に副作用などが発生しないか、体に合っているか確かめるための様子見期間があるためで、増量と言っても、本来の適量になっただけでした。幸運なことに半年もすると、すっかり症状はよくなり、仕事にも復帰するようになりました。

実はここからが大変でした。薬の減量、最終的に薬から離れるという流れになるのですが、減量した段階で影響が出始めました。

もともとの良いと言えない精神状態を、薬で無理やり持ち上げていたので、影響が出て当然だったのですが、体内の薬量が薄まってくると、何とも言えない「のぼせ感」が襲ってくるようになりました。後頭部がぽっぽしているような状態で、なんとも落ち着かない、テンションは少々ハイという感じです。

そんな感じが日常茶飯事で突然襲ってきますが、一時的であり、それを乗り越えると、薬から完全に離れることができました。私の場合は症状が軽かったため、この薬を適量飲むだけということで終わりましたが、同様の病気に罹患した人たちの話を聞いたりすると、もっと様々な薬が出ていたり、その量や長さも私とは比べ物にならない方もいらっしゃいました。

こういった方が、薬から離れるときには、もっとつらい経験をしなくてはいけないかもと思うと、初期の状態で医師に診てもらった私は幸運だったと、つくづく感じます。

 

お薬の購入はこちら

ベストケンコーショップバナー 350 × 240