うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【プロザック】

プロザックを服用していた時期がありましたが、こちらの薬は即効性はなく、じわじわと効果をもたらすものとなっていて、服用していると確かにうつ症状が緩和されつつ、精神的にも楽になったりすることがあるけど、いきなり、うつ症状を完全に克服するということではなく、少しずつ少しずつ効果が出てくるものとなっているため、長い目で見ながら服用をしていく感じとなっています。

この薬はセロトニンの量を増やしつつ、不安や無気力などうつ特有の症状を抑制する働きがあったりするため、服用後は気が楽になったり、精神的にも安定してきますが、薬の持続時間の間だけとなっているため、薬の効果がきれたりすると、再び症状がではじめるので定期的な服用とかをしていく必要があったりします。


プロザックを服用していると副作用がつきものとなっていて、自分が経験していた副作用に関しては食欲不振とか吐き気、神経痛とかであり、副作用がでるのはたまにでしたが、こういったものとかともうまく付き合っていかないといけないため、抗うつ薬にも副作用のリスクもあるということを知ったときであり、あの頃はほんとに大変だった時期を過ごしていたなと今でも思っています。

いきなりセロトニンの量も増えたりするため、身体にも異変が出てしまう部分もしっかりと覚えておいて欲しいものとなっていて、胃腸の不調を感じることもあったりしたため、これも副作用の一つであったのかなと今は感じていたりします。プロザックの良いところはいきなり強い効果が出るわけではなくじわじわと効果をもたらしつつ、セロトニンの量を増やしていき、少しずつですが薬の量を減らしていくことができるという部分は良いところとなっていて、服用している時は落ち着きをもたせリラックス効果ももたらし、うつ症状を抑制してくれる部分かなと思っています。

プロザックは価格もそれなりにするため、購入する際はそれなりに費用をかけないといけないため、ここもしっかりと理解をしておくようにお願いします。プロザックを服用する際は飲酒とかを控えつつ納豆とかも食べないようしたほうがいいです。副作用とかもいつでたりするかわからないため、私生活に支障をきたすこともあるので、そういったところも把握してから服用を考えたほうが良いです。

自分がプロザックを服用していた経験があったりするため、自分が感じてきたことを記載しておりますが、参考になったら幸いです。

 

プロザックの効能とリスクについて


プロザック

プロザック