うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【レクサプロ・ソラナックス】

私は適応障害の時にレクサプロを服用しました。

「抗うつ薬は絶対に飲みたくない!」と適応障害になった際、主治医に申し出たので、約1か月は抗うつ薬を飲まず、対処療法の抗不安薬(ソラナックスなど)で対応しました。

適応障害といっても、程度によっては対処療法でなんとかなる場合があります。しかし、私の場合は毎日の動悸、過呼吸、頭痛、入眠困難(寝付けない)、吐き気、胃痛、だるさが抜けきらず、その症状はひどくなるばかりでした。

私がなぜそこまで抗うつ薬を飲みたくなかったかというと、お付き合いしている彼が適応障害でレクサプロを飲んでいた際、副作用を見て知っていたからでした。

彼の場合ですが、まず飲み始めの頃は毎日起き上がれないほどの気持ち悪さがあり、何日もお風呂に入ることすらままならず、日常生活すら困難になっていました。

約1週間後、ようやく薬に身体がなれたのか、日常生活はこなせるようになりましたが、お薬の影響で1日中眠気が続き、ぼーっとしていました。

そんな様子を見ていたからこそ、抗うつ薬は飲みたくないと思っていたのですが、適応障害の症状がひどくなる私に、主治医にも「抗うつ薬を飲んで治療した方がよい」と説得され、しぶしぶ飲み始めることにしました。

実際に飲み始めると、それまで吐き気や胃痛、過呼吸などに悩まされていたのですが、3~4日もすると心が落ちついてきたのです。そこから私の症状は少しずつではありますが、ゆるやかに回復していったのです。

途中、適応障害のみならず社会不安障害にもなってしまいましたが、抗うつ薬や抗不安薬を飲んでいたこともあり、そこまでひどくならずに済みました。

ちなみに社会不安障害になった際は一人では外出することもできませんでしたが、ちょうど同時期に適応障害を再発してしまった彼と共に電車に乗って心療内科に通うことができました。

今現在、抗うつ薬は飲んでいません。一度飲み始めると減薬、退薬するまでにはおよそ2年ほどかかるといわれていたところ、私は運よく1年足らずで退薬しました。

症状で悩んでいる人は、早めに抗うつ薬を飲み始めた方が自分のためにも、輝かしい未来のためにも良いと私は思います。