うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【レクサプロ・トリンテリックス・サインバルタ】

うつを発症してから何度か薬は変わっていますが、現在はレクサプロトリンテリックスです。

結論から申し上げますと、どの薬もそうでしたが、はっきりと「効果があった!」と言えるものはありません。

現状を医師に話し、処方されたのを服用しているわけですが、診察のたびに、第一声が「調子はどうですか?」と聞かれます。(医師としてはそう聞くしかないのかも知れませんが…)はっきりとした改善がみられないので、悩んだ末に「まぁ、変わらずです」と言うしか出来ません。

そこで、処方内容、容量が変わって1ヶ月程度なら「様子を見ましょう」となり、効いてるのか効いてないのかわからない薬を飲み続ける事になります。

不平不満のように聞こえますが、主治医のことは信頼しています。ただ薬が効いているか?と言われると返答に困ります。

以前、服用していたサインバルタですが、元々私は汗っかき体質なのも相まって、発汗がひどく日常生活にも支障が出るほどでした。

真冬にもかかわらず、下着まで汗でビショビショになるほど寝汗を毎晩のようにかいていました。パジャマをTシャツとハーフパンツに変えたり、毛布をかぶらないように調節しても汗をかいて寒くて目が覚めてしまうのです。

それが毎晩のように続くと、とても不快で、また、憂鬱でした。余計に睡眠の質を悪くしてしまい、途中覚醒はもちろん、その後眠れなくなります。副作用なのかどうか尿意で必ず一度は起き、寝汗と共に睡眠の妨げになりました。

真冬の電車移動では、通勤ラッシュほどでもない時間帯で、乗車して数分後には、額や背中を中心に滝のような汗をかきだしていました。

それなりの防寒対策をしてはいましたが、周りの方はもっと着込んでいてダウンコートにマフラーや手袋もつけたままなのに汗一つかいてない中、とても恥ずかしく、またとても辛かったです。

医師に相談し、現在のレクサプロ、トリンテリックスに変えてもらってしばらく経った頃(1週間程度)、ようやく寝汗や尿意を感じる事なく、朝まで眠れるようになりました。

入眠障害はまだあるので、サンドという睡眠導入剤は現在も服用しています。

いつまで服用しなければいけないのか、一生飲まないといけないのかと言う不安がありますが、今はただ主治医を信用し、社会復帰を目指している次第です。


レクサプロジェネリック5mg

レクサプロジェネリック5mg