うつ病・抗うつ薬の体験談を370件ほど公開しています

うつ病の体験談【まさか私がうつ病に】

うつ病といえば、もともとの性格が暗くて気弱な人がなるイメージを勝手に持っていて、そこまで暗いわけでも気弱なわけでもない自分には縁遠い話だと思っていました。

社会人1年目の仕事中、突然激しい頭痛に襲われその日は早帰りさせてもらいました。最初は生理かと思っていましたがいくら経っても出血等はなく、風邪だったのかと思い周りにもそう伝えていました。

しかしその日からちょこちょこと目眩がしだし、そう日が経たないうちに動悸がしだしました。何かおかしいと思って症状を調べたところ出てきたのは「うつ病」や「自律神経失調症」「パニック障害」でした。

その頃先輩が変わったことによって仕事の量がかなり増え、先輩の尻拭いのように働く日々だったこともあり、かなり精神的に参っていたので職場に対するストレスでの症状であることは間違いないと思うものの、私が?と思ってしまいそんな自分が嫌になってしまいました。

そこから少しずつ仕事に対して怒りの感情だったものが悲しいという負の気持ちに変わり仕事に行きたくないと感じるまでになりました。

私のそんな様子に気がついた人に「どこか旅行でもしてみたら?」と提案され隣の県に遊びに行ってみたところ自分がとても自由な気がしてとても楽しく過ごすことが出来ました。
しかし、いざ家に帰るとなると明日からの仕事を考えてしまいとても憂鬱で「このまま幸せな気持ちの状態で死ねたらなんといいことか」と思いました。

ずっと死にたい、会社から、この場から逃げたいという気持ちだったため上司に退社したい旨を伝えました。しかし入社1年目で辞めるなんてありえない、そんなやつはどこで何をしたってダメ、お前の母校に連絡する、次の年はお前の母校からの生徒は採用しないと全て否定されました。

上に母校の関係のない生徒まで巻き込むことになってしまい、それだけは避けたくて退社を取り下げました

旅行を提案してくれた人にこのことを話すとそんなことを言う権利は向こうにない、おかしいと否定してくれたことが味方がいると思えて心の支えになりました。

その人からは病院に行ってみるのも手だと提案されましたが、病院に行くといよいよ本当に精神病のようで恐ろしく行く気になれませんでしたが動悸や目眩は続いていたため精神科を診療することになりました

結果ははっきり伝えられませんが「うつ病」の可能性があります、とやんわり言われ、心当たりがあるかと聞かれたので職場であると話したところ病院側から診断書を出すことによって一時的にでも働かなくてよくなるから出すかと提案され、楽になりたくてお願いをしました。

わたしは2週間弱の休みをもらうことができ、その間に沢山寝て、買い物や散歩、自分の好きなことを沢山したことによりその間の精神は保たれましたが職場復帰するとなるととても怖く、根本的なことが改善されていないと思いそのまま退職し、全く違う土地に引っ越しました。

とても勇気がいる行動でしたがその結果、動機や目眩といった症状は完全になくなり心機一転良い気持ちで過ごすことができました。

精神が病んでいるときの行動は思考もネガティヴになりますが、逃げること=死だけではありません。どこか遠いところにいっそ引っ越してしまうこともアリだと思います。私の経験がいま悩んでいる方の支えになれたら光栄です。