うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

うつ病の体験談【手術後にうつ病になりました】

実際にうつ病を体験された方の体験談を載せています。

私は耳下線腫瘍ができて、手術をしました。手術で腫瘍を取り、10日間入院しました。その後、家に戻ったのですが、体のフラフラ感があり、夫に子供を見てもらい、しばらく安静にしていました。その後、なんとか回復して子供の行事に参加しました。久しぶりにたくさん動いて疲れたなーと帰って横になったらめまいがしました。

それからしばらく寝込んだのですが、めまいはちょっとよくなったけど、フラフラ感があったり、視界が見えづらくなったりして体調が悪化しました。フラフラ感があるので横になって、家事だけなんとかこなす日々を過ごしていました。


そんな状態が3ヶ月くらい続いて、次第に気力がなくなってしまいました。このフラフラ感はいつ治るんだろうとか、子供のイベントに一緒に行けるようになるのかなーとか考えていたら疲れてきました。気力がなくなってくると、今度は休んでても疲れるようになり、どんどん体調が悪化して、立っているのも苦しくなりました。立って外に出たいけど、本当にクラクラして頭が重くて外出できませんでした。

その頃は生きていても心が死んでいるような感じでした。もうダメかもしれないと思いました。
私はどうなったんだろうと焦って手術をした病院に電話して重い体をなんとか動かして診察してもらいました。

先生の話では手術後に良性発作性めまい症を発症した可能性があると言われました。その後、脳の検査をして異常がなかったので、診療内科を勧められました。診療内科で精神安定剤と抗うつ剤を処方してもらったのと、めまいを治すためのリハビリ体操をしていくと、頭の重さも取れ、フラフラ感もなくなり、体調がよくなりました。

やっぱり、うつ病になっていたみたいです。手術後のめまいがつらくてうつ病になってしまいました。今は、うつ病も治ってきて、子供の行事も行けるようになりました。ただ、無理すると、また体調を壊してしまうので無理せずに育児するようにしています。

うつ病もめまいも本当につらいですが、うつ病は抗うつ剤でよくなるし、めまいもリハビリ体操でリハビリするとよくなることが多いので、うつ病やめまいで悩む方は診療内科で治療したり、リハビリ体操を頑張ってみてください。

手術後などは、1ヶ月くらいは無理せずに休むことも必要だと思いました。また不安なことがある場合も早めに診療内科に行くのがおすすめだと思いました。うつ病は誰でもなる可能性があるので、不安が強く苦しい方は早めに診療内科に行くようにしましょう。