うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

うつ病の体験談【自身がうつ病になりました】

私は、2ヶ月前 うつ病と申告されました。1年前から頭痛やめまい・不正出血に悩まされ、内科や脳神経外科、産婦人科など病院を点々とする日々を送っていました。

そして3ヶ月前に毎日痛み止めを飲み立っているのが辛いほどの目眩、会話がすくなくなったり、笑うことが出来なくなったりしました。

仕事が自分の思うように進まない、やらなきゃいけない事を忘れてしまう、夜寝れずに朝になってしまったり、朝がすごく辛かったり、休みの日は着替えもせず、家のこともせず、お布団から出れなかったりという生活になりました。

自分でも急に体調が悪くなりおかしいなと思った頃、一緒に仕事をしているパートのおばさんから心療内科に行ってみたらどうかと言われました。

なぜ心療内科にいかなければ行けないのかと思いましたが、思いきって予約をして診察を受けることにしました。

アンケート用紙のような紙に今自分がどのような気分なのか、 どのような事ができないかなど書かれていて、それを記入して診察になりました。

その結果、重度のうつ病だと判明しました。自分がまさかうつ病になるなど思ってもみなかったのですごいショックを受けました。

一緒に同棲してる彼からは、「少し前から仕事の話もしなくなり、笑わなくなったからおかしいと思ってた。もっと早く気が付いてあげれば良かった」と謝られました。

うつ病と診断されてから仕事も休職になり、何も出来ずに毎日布団からも出ずの日々を過ごしました。起き上がることが出来ても家のこともできず只只、ぼーっとする毎日です。

薬も処方されましたがそれを飲んでも夜が寝ることができず、毎日夜に泣く日々が続いています。

彼と会社の人の理解があり、今は家で何もしない生活を送らせていただいています。1ヶ月経ったくらいからお布団から出ることができるようになり、テレビを見ても少しずつ笑えるようになりました。

片付けや家のことはまだまだ出来ませんが彼がいる時は少しでも外の光を浴びようとドライブに連れてってくれます。

いつ治るのか不安だし、仕事も忙しい中休職にして頂き、毎日迷惑をかけてるなと思いながら生活しています。

これもひとつの悪い原因なのはわかっていますが、昼間に一人でいるとやはり考えてしまいます。うつ病になって周りの人のありがたみがよくわかるようになりました。

自分や周りがならなかったらこの気持ちを知ることなど出来なかったでしょう。

まだうつ病になりたてで、ご飯も食べることがままならない、家のこともできない、寝たきりの時が多いなど欠点ばかりですが焦らずに治していき、ご迷惑をかけた分必ずかえしていきたいと思っています。