うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

うつ病の体験談【20代の時にうつ病に罹りました。】

私が20歳の時に母親に多額の債務があることが発覚して、父親と母親との関係が悪くなり、離婚問題に発展してしまいました。

両親が離婚したことによって、一時的に大きなストレスが掛かり、うつ病を発症してしまいました。


集中力や気力が低下して、職場でミスが増えてしまい、上司に叱られることが多くなりました。憂鬱な気分が長く続いて、食欲が低下したり、不眠などの症状が出てきました。

父親や妹に相談をしたら、精神科のクリニックに付き添ってくれたのでほっとしました。精神科で問診やカウンセリングを受けたので、日常で困っていることや症状などを話したことを覚えています。

自分では気づいていない症状を、父親や妹が医師に伝えてくれたので、数回通院をするとうつ病と診断されました。最初は比較的弱い抗うつ剤や睡眠導入剤を処方してもらい、毎日服用すると少し気分が落ち着いてきました。

私は午前中に気分が優れないことが多いのですが、夕方から午後になると気分が良くなってきて、家事や読書が出来るようになります。精神科の医師に伝えると、うつ病は午前中は気分が優れないことが多いのだと説明してくれました。

仕事は3か月程度休職をしましたが、治療を受けると症状が改善したので、職場復帰をすることも出来ました。

症状が重い時は、ベッドから起き上がることが出来ず、家事や仕事もできないので、自己嫌悪に陥ることが多かったです。妹が家事を手伝ってくれて、負担を減らしてもらえたのも良かったです。

私の場合は休養が出来る環境が整っていたので、1年ぐらいでうつ病の症状が良くなりました。再発を防ぐために、しばらくは薬を続けていましたが、50代になった今では、薬を服用しておらず、結婚することも出来ました。

うつ病の症状が重い時は本当に辛いですが、身近な人に話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になります。私の若い頃に比べると、精神科や心療内科の病院やクリニックが増えており、気軽に受診が出来るようになっています。
うつ病は放置をしても、自然治癒をすることは少ないので、本当に辛い時は精神科や心療内科を受診することが大事です。

現代はストレス社会になっているため、誰でも罹る可能性がある病気です。私は大阪の精神科を紹介してもらい、しばらくは通院をしていました。父親が自動車で送り迎えをしてくれたので、体調が良くない時は車で横になることも出来たのです。

家族の深い愛情があったので、回復できたと感謝しています。