うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

抗うつ薬の体験談【パキシル・ジェイゾロフト】

私は、強迫性障害で10年近く精神科に通院しています。抗うつ薬はパキシルジェイゾロフトを服用しています。

症状は普段の生活の中で、物の置き方や行動の順序が狂うとパニックになります。 急な用事や普段と違うリズムになるとすごく落ち込んだりします。

病院で医師に初めはパキシルを処方され飲み始めました。

服用し始めて暫くすると気分が少し楽になったような気がしてきました。

その間も症状は落ち着いたりひどくなったりを繰り返して医師に相談してパキシルの服用量を増やして頂きました。

服用量を増やした事で気分も楽になる事も多くなりなしたが、眠気もひどくなりました。胃にも負担がかかる事もあります。

抗うつ剤ということで薬の説明にもありましたが、やはり眠気はしょうがないようです。

その状態で何年か経ち、なかなか病状も変化なく、うつの症状も出てきましたので、新たにジェイゾロフトを処方されました。

こちらの薬も抗うつ剤という事で眠気は時々ひどいですが、パキシルよりも気分がすっきりするような気がします。胃にも優しい気がして胃の不調も少なくなりました。

その後も病状は少し良くなったり悪くなったりを繰り返しました。また医師に相談してパキシル、ジェイゾロフト共に服用量を増やして頂きました。

さらに眠気はひどく、車の運転をしている時も眠気に襲われたり、日中急に眠くなったりと大変でしたが、気を付けて何とか今まで頑張っています。

なかなか完治はしませんが、これ以上薬を増やしても体が心配ですし、薬だけで治らない病気という事ですので、自分で気分を変えたりあまり考えこまないように練習をする毎日です。

時々風邪などで掛かり付けの内科などに診察に行きます。

その際、服用している抗うつ剤と風邪薬などを一緒に摂取するのが心配なので、お薬手帳を持参します。

医師の方から一緒に服用しても問題ありませんという事です。

しかしながら風邪薬の場合は眠くなりますので抗うつ剤との併用はちょっと心配です。なので、時間を少しずらして服用するようにしています。

最近はうつ病などの精神病が増えていますので、抗うつ剤を服用している方も珍しくはないかと思います。

自分自身が抗うつ剤を長年服用していて思う事は確かに抗うつ剤は気分もすっきりしますし、大切な薬ですが副作用もあります。

ですが、薬だけに頼らず家族や周りの方のサポートが一番大事だと感じています。抗うつ剤の大量摂取などの話も時々耳にしますが、絶対に止めるべきです。

医師と相談し処方された処方量をきっちりと守り、長い目で向き合っていく必要があると思います。これからも医師と相談しながら抗うつ薬を服用していきます。

早く薬に頼らない生活に戻れるように頑張っていきます。


パキシルジェネリック(ペクセップ)30mg

パキシルジェネリック(ペクセップ)30mg