うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

うつ病の体験談【うつになってみて】

結婚と出産が続いたことで環境が変わり、慣れない子育てなどを一人で抱え込んだ為にうつ病や精神疾患になりました。

まずは体の異変から始まり、ストレス性の食道炎や過敏性腸症候群や睡眠障害になってしまいました。安定剤を服用するようになってからもパニック障害とうつ病を発症しました。

その後パニック障害も少しずつ克服していきました。本当何度も死んじゃうんではないかと思ったり、子供を育てられなくなる恐怖と息が出来なくなる恐怖が凄くて…。いつも、震えて泣いていました。

家族や親戚が100%ではないけど理解してくれたおかげで、子供達を見てくれたりしてくれました。また段々外出も出来る様になったり、幼稚園のボランティアや保護者競技にも出れる様になっていきました。周りから人が変わったと言われるまでに落ちついていきました。

うつや精神疾患になってみて、どれだけ辛い病気か分かりました。死ぬ病気ではないけど、脳の誤作動ってだけで凄いつらくて怖かったです。正直、精神疾患の事を馬鹿にしていました。気合いや考え方の問題かと思っていました。

けど、今は疾患を持っている方の気持ちは凄く分かります。つらくて大変だと思います。諦めず前向きに頑張ってほしいです。

私も寝たきり生活を1ヶ月し、外出に慣れるまで3年かかりました。次は電車やバスに乗れる様になれたらいいなと思っています。気分が沈んだら気持ちを伝えたりコミュニケーションをとる様にしました。

この病気は、焦りは禁物です。根気よく病気とお友達になるみたいに付き合えたら大分症状は軽くなります!焦らずに前向きに頑張りましょう。