うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

うつ病の体験談【ブラック企業によるうつ病】

実際にうつ病を体験された方の体験談を載せています。

私は昔うつ病を発症しました。10年ほど前の私が30歳になる前の話ですが、当時私はサービス業に従事していてアミューズメント施設の店員として働いていました。


その店の店長が今で言うパワハラ上司で、部下を呼びつけて罵倒したり、酷い時は暴力を振るったりする上司でした。私もその上司に2回程体を蹴られたという経験がありました。また会社自体もブラック企業をそのもので休日は週1回で、残業が1日大体3〜4時間程でした。その残業はサービス残業でしたので給料には反映されませんでした。
そんな職場でしたが私は3年間なんとか懸命に働いていました。

そんなある日の事ですが、店長が店の売り上げを誤魔化してそのお金を自分の懐に入れていることを知りました。当然ですがそれはいけない事ですので、その事を知った私はすぐに上司の上役である本部の担当部長に相談しました。その方がすぐに調査して対応するとのことだったのですが、実際にはただ店長に聞き取りをして確認しただけで何も変わりませんでした。さらに悪いことに担当部長が店長の不正の件を相談したのは私であると言ってしまったため、その日を境に店長とその仲間たちの私に対するイジメが始まりました。

その日から毎日のように店長に呼び出され、恫喝に近い罵倒をされました。また、当時私はその店舗に自転車通勤をしていたのですが、私が自転車で帰れないように店長のグループの誰かがワザと私の自転車のタイヤをパンクさせていました。私の帰宅時間は深夜の3時頃だったので、自転車が無いと帰ることが困難で仕方なく30分以上歩いて帰った記憶があります。ほかにも仕事のミスは無かったにも関わらず、不正の告発の件により私は減給処分となってしまいました。

そのようなことが続いたため、私は精神状態がボロボロになってしまい会社を退職することになりました。辞めるその日まで店長の一味に嫌味を言われ、追われるように会社を辞めた私はその日を境に何もする気力が湧いて来ませんでした。心配した私の両親が一度病院に行って診てもらった方が良いとのアドバイスをしてくれましたので、心療内科に行きました。

そこでうつ病であるとの診断が下され、私はうつ病の治療をすることになりました。うつ病の治療を始めてから1年くらいたったある日のこと、うつ病の原因となったあの会社の本社から連絡があり、話があるとの事だったので伺うと、その会社の社長から謝罪がありました。話を聞くと私が以前告発した不正の件は本当であって、その店長のグループは全員処分したとのことでした。また、当時その告発をまともに取り合わかった件を社長が私に謝罪したので、少しですが気分が晴れたような気がしました。
社長の謝罪の件を境に少しずつ症状が良くなっていって、今ではうつ病も寛解して普通の生活をしています。