うつ病・抗うつ薬の体験談を320件ほど公開しています(2020.7.25 現在)

うつ病の体験談【私のうつの体験記】

実際にうつ病を体験された方の体験談を載せています。

私は、昨年の夏ごろに「うつ病」と診断されました。病院でやったストレスチェックでは、かなりストレスに心が侵されているという状態でした。

その時の症状としては、何をしていても心が苦しくなって何も手につかない、何かをしようとすると呼吸が荒くなって過呼吸の症状が出てくる、じっとしていても地面が揺れているような感覚がある、めまい、音に過敏になる、サングラスをしないとまぶしすぎて外に出られないという状態でした。

体が鉛のように重くて、身体を無理やり動かしているような感じでした。あの時は、非常につらかったのを覚えています。

本当に辛すぎて、もう涙も出ないくらいにつらかったです。

そして、総合内科、脳神経内科を経て、神経精神科にたどり着いて診断を受けました。自分がうつ病だということを告げられた時には、なんとなく心が救われた気がしました。

自分の状態がうつ病だからしょうがないと思えたんだと思います。そこからは、療養のために実家に帰りました。

ただ、実家に帰ってもストレスは多かったです。家族は支えてくれようとはしてくれていますが、「原因はなに?」「将来はどうしよう?」「先生とは何をはなしたの?」など沢山質問してきます。

なんだかずっと質問されていると責められているような気持になってつらかったです。あとは、私がうつ病だということは頭では認識はしているのでしょうが、生活の基準が健常人なのでその基準を求められることが多かったのもつらかったです。

なかなか心休まる日々というのはなかったので、自分で工夫して体と心を休めるようにするようにしていました。また、不眠症にもかなり悩まされました。布団に入っても2時間くらい眠れないことは多くて、それがまたストレスになるし疲れも取れないという日々が多かったです。

睡眠薬も病院から貰ってはいたのですが、あまり効果はあらわれず、段々と強い薬にしていってもらっていました。強い薬や薬の量を増やしてきてからは段々と眠りにつく時間が短くなっていきました。

あとは、心が全く晴れなかったので病院でカウンセリングをしてもらっていました。カウンセリングはかなり効果があったと思っています。

一人で思い悩むよりも誰かとしゃべることによってストレスが減っていましたし、自分で解決法などにも気付けるようになったのでとても良かったと思っています。カウンセリングと薬の服用を重ねていくことで私のうつ症状は段々とよくなっていきました。