うつ病・抗うつ薬の体験談を370件ほど公開しています

うつ病の体験談【うつ病は怖い病気】

うつ病はとても怖い病気です。主人はうつ病で9年前に自殺しました。

今から19年前に自殺未遂を起こしてから10年後、とうとう決行してしまったのです。その10年間どんなに家族が支えても、結局病気に勝てませんでした。

主人は医師をしており、仕事柄あまりに忙しくて休む暇がありませんでした。そのストレスに加えて、上司からパワハラを受けうつ病になりました。そして職場から有無を言わせず、左遷させられてしまいました。

プライドが高い人だったのでとても辛かったと思います。新しい職場では、初めはとても頑張っていましたがまた忙しくなり過ぎて、土日の休みもなく働き続けていました。その時手掛けていた仕事が頓挫したこと等々、いろいろなことが重なってうつ病が重くなったようです。

自分の人生なのに、思った通りに行かないことが辛かったのだと思います。私は妻として精一杯主人を助け、せめて家の中ではストレスを感じさせないようにといつも心掛けていました。けれどその思いは届かなかったようです。それがうつ病の怖いところなのかもしれません。

通院して薬も飲んでいましたが、薬もなかなか効くものがなかったようです。効きすぎると頭がぼーっとするので好んでいませんでした。常に頭をシャープにして仕事に専念したかったのだと思います。ときどき話したり、山歩きしたり、動物園に行くなどのリフレッシュにもよく付き合っていましたが、病状はなかなかよくなりませんでした。

転職も考えて一緒に見に行ったりしましたが、自分が思っていたところとは違っていたようであきらめました。一度精神病院に入院して、内観療法も受けてみましたがあまり効果がなかったようです。そのうち通院も私が代わりに行くようになり、本人は服薬のみになりました。

一生懸命なんとか立て直そうとやっていたのに結局駄目でした。主人の自殺後、息子もうつ病になりました。自暴自棄の時期がありとても心配しました。

今ではなんとか立ち直り、大学で心理学を学び、臨床心理士及び公認心理士を目指しています。たぶん心理カウンセラーとなり、父親のような患者さんを救いたいと考えているようです。

精神的に病んでいる人に寄り添うのはとても難しいことだと思いますが、なんとか頑張ってくれたらと思っています。私もうつ病だった主人を救うことはできませんでしたが、困っている人がいたら、その人たちの気持ちに寄り添っていけたらと思っています。

うつ病が治って社会復帰する人もきっとたくさんいると思います。世の中にはいろいろな人がいるのだから、困っている人たちにもっと寛容な社会になればと心から思います。